2013年3月16日 (土)

ヤギづくし

突然相方が、「ヤギさんがみたい」と言い出した。


相方は、最近ヤギに触れる機会があり、それ以来いつかペットとして飼いたいと宣言するほどのヤギ好きになってしまいました。

じゃ〜今日は天気もいいし、ヤギみれるとこ行こう!ということで、ネットで探してみることに。


知りませんでした。こんなに近くにあったとは。

まず、松本市アルプス公園。ここに行けばヤギさんどころか、その他お猿さんやいろんな動物と触れ合えると書いているではありませんか。

もう一つは、スイス村。スイス村は車でたった五分。ここにヤギさんやお馬さんがいたとは。


安曇野に住んでほぼ3年になろうというのに、アルプス公園の存在も、スイス村に動物がいることも知りませんでした。

まずはアルプス公園へ。その前に腹ごしらえだ!もう10時過ぎているので私はお腹が空いている。




まず食わせてくれ!



ということで、お弁当を何処かで買うことになり、かつ玄さんでお弁当を購入。


今日はお天気がとってもよかったので、北アルプスの山々を見ながらの最高のランチになりました。

Dsc_0489


Dsc_0487

しかもこのお弁当美味!写真ではひとつしかカツがありませんが、もうひとつすでに食べちゃいました。これはトッピング弁当といい、ごはんと漬物は150円のセット。プラス好きなカツを選べて、それによって値段が追加されるというお弁当。これで400円くらい。かつ玄さんのカツをいただけることを考えると、非常にこれはリーズナブル。




感動もつかの間、ものすごい勢いで食べたので、ステキなランチもすぐに終わり。相方がずっとヤギさんといっているので、動物のいるところへ移動。



いましたヤギ達。


ものすごいやる気無さそうなヤギ達が。 Dsc_0505

それでも相方は、全く相手にされていないにもかかわらず、子どもたちに混じって、ひたすら笑顔でちょっかいを出してました。



子どもたちにまじる無邪気な


おっさん。



この絵面は被写体に収められません。


アルプス公園をひと通り歩いたあと、スイス村にもよってみました。


いました。ヤギさん。

でもあまりよってきません。ふと近くに、えさを売っているテーブルがみえました。あれ?これで餌あげられるの?

餌(草を固めたもの)を購入してみると、その姿を遠目からヤギ達はみており、全速力で私達の元に走ってきて、柵の中から2本立ちになってるっ。


Dsc_0506


すごいな。ちょっと怖いわ。

そんな私の思いも全くしらず、相方は走って駆け寄り、テンションマックスに。

えさはすぐに食べられてしまいました。


Dsc_0507

ヤギって食欲ハンパないな。

と餌も終わったら次は馬が見えたのでそちらへ移動。

ここでは馬にのって一緒に走ることもできるようです。


ここにも馬用の餌が売っています。さっきのヤギ用と非常によく似ていますが、馬用の方が明らかに硬い。

これも購入し、馬の餌やりも体験。餌を買った途端、馬さんたちは「こっちにくれ」といわんばかりにそれぞれの片足をゴンゴンならしていました。


餌やりをして、1つだけひとかたまりのかったい餌が残った時、相方が「これ、ヤギさんにあげよかな」


どこまでヤギ好きなんだよっと心の中でつぶやきつつも、またヤギさんのところに戻り、その塊をヤギさんにあげました。


するとどうでしょう、ヤギさんはその餌がよっぽど硬かったのか、ものすごい顔をいがめて噛んでいました。


これ、ヤギにあげたらあかんのとちゃう??


時すでに遅し。ヤギさんはがんばっていました。噛んで噛んで、噛んでいました。私達が帰るまでそのやぎさんは口をいがめてずっと噛んでいました。

Dsc_0514

Dsc_0537

Dsc_0538


ごめんねヤギさん!今度はちゃんとヤギさんの餌を買うからね。


・松本市アルプス公園について詳細はこちら

・スイス村について詳細はこちら (ホースランドにヤギも馬もいます)

・かつ玄さんのお弁当販売用店舗はこちらの地図をどうぞ

2013年2月25日 (月)

マクロビオティック料理教室(応用コース) ~2月~

今回は、春にぴったりなメニューです。

先生がお雛祭りにちなんだメニューを考えてくださいました。ではメニュー行きまーす。


・玄米ちらし寿司
・そばがき汁
・青菜の胡桃和え
・いちご大福


玄米ちらし寿司でとても興味深かったのは、トッピングとして飾る炒り玉子を他の物を代用して卵に見せていることです。

また、だしはきのこ類や根菜類をたっぷり使ってコクのある味に仕上げるのです。

今回は、盛り付け方法などもいろいろと学びました。

Dsc_0459

↑卵に見えますか?これ実は凍み豆腐です。高野豆腐やお豆腐などを使っても良いそうです。ターメリックを使って色付けしています。


Dsc_0474

↑同じちらし寿司でも、このようなケーキのような盛り付け一つでとても豪華な一品に様変わり。


できあがりはこんな感じ。

Dsc_0478

Dsc_0477

Dsc_0476

Dsc_0479

Dsc_0484

ここまで来ると、もうマクロビオティックという域を超えているのではないでしょうか。

正直、今回は手間と時間がかかりました。が、どれもほんとに美味しい〜〜〜!見た目もキレイなので、パーティーメニューにはぴったりの品々です。心を、手間を、時間をかけると本当に美味しいものが出来上がるのだなあ、と実感しました。

2013年2月24日 (日)

スノーシューイング? in 美ヶ原

久々のスノーシューイングをしに、美ヶ原へ。



お天気は良いといわれていましたが、上に上がると・・・・・


Dsc_0439

吹雪。



猛烈な風が吹いてきて、 どこを歩いてるのかもわからなくなり、私達の歩いた足あとがみるみるうちに消えていくような状態に。

怖くなり、歩いて30分で引き返しましたとさ。

チャンチャン!

2013年1月23日 (水)

イタリアン:Ranocchio(ラノッキオ)

去年の夏ごろに新しくできた、「Ranocchio(ラノッキオ)」というイタリアンのお店。

前から農道沿いを通る度気になっていました。今日はふらっと入ってみました。



Dsc_0436


中でピザとパスタをオーダーしました。


Dsc_0433

Dsc_0434

ピザはモッチモチの生地。パスタはちゃんとアルデンテのゆで加減。ピザは結構なボリュームがありました。どちらもとてもしっかりした味でした。


ランチは、サラダとコーヒー付きで1,300円前後です。

ここから見える北アルプスと田園風景も癒される雰囲気となっています。個人的にはパスタよりもピザがおすすめかな〜。




関連ランキング:イタリアン | 有明駅安曇追分駅

2013年1月14日 (月)

ドカ雪

安曇野に引っ越して以来の大雪が降りました!

あっという間に降るわ降るわ。 すごいすごい!一晩でこんな降ったのみたの初めてかも!!いつのまにこんなに積もってたの??
とはいえ、外にでれないではないか!少しの恐怖を覚えつつも、こんな光景をめったにみたことのない私と相方は、車を出す道を作るため、外に出たものの意味もなく小躍り。そして、うれしくなって雪だるまを作ってみたのですが・・・



Dsc_0378



どう?




想像したスノーマンのような雪だるまじゃないけれど、どう修復していいかもわからない。

Dsc_0379




どちらかというと、仏像?






2,3日後、すぐに雪も溶けてきたのでさらにいじってみたりして。

Dsc_0396

彫りの深いモアイ像です。

2012年12月17日 (月)

"Panera Bread" in San Jose

突然ですが、東京経由でSan Joseへ2週間いっておりました。

安曇野から出発する日、あまりにも空が青かったので駅からパシャリ。↓
Dsc_0203

そして、あずさで東京へ。目黒で、以前勤めていた会社の仲間達と焼き肉~。↓

Dsc_0205

そして、アメリカへ旅立ち。帰ってきました。ちゃんちゃん。

すいません。写真ほとんどとってませ~ん!

あ、そうそう、今回めちゃうまなサンドイッチ屋さんをみつけ、そこでは写真をとったのでお見せできますっ。(こういうのしかない)

店の名前は、「Panera BREAD」。

アメリカでの留学時期、自分でよくサンドイッチを作って学校に持って行かれてた方はよくご存知かと思いますが、アメリカのパンはパッサパサ。(←まあ、安いパンだったけどね)

しかも、噛むと、パラパラーっと粉に戻るように崩れて行く感じで、ふすまたべてるみたいなぽろっぽろの生地。

そんな経験しかなかった私は、このサンドイッチを食べた途端、どれだけ驚いたか。

Dsc_0244

ものすごい種類がある中で、今回頼んだパンの種類はWheat Bread(小麦)。

パクッと一口。

ちょ、え?

なんなの、このもっちりしっとりした生地。。。

うんま〜〜〜い!

そして、具材に使っているソースは、「あまいだろうっ、からいだろうっどうなんだっええ!?」と主張するケチャップとかバーベキュー味的なものでごまかすのではなく、素材を殺さない薄味で、コクがあるのです。

やればできるんじゃないの。。。もうちょっと早くこんなステキな文化が全米に浸透してほしかったわ。

というか、日本にも来て〜!!

ポテトチップも袋ごとついてきます。今回頼んだのは、飲み物もあわせて全部で9ドルくらい。

ちょっとお高めだけど、食べる価値ありです。カスタマイズも豊富でした。

Panera Breadについて詳しくはこちら

Dsc_0241

カスタム検索

2012年11月29日 (木)

マクロビオティック料理教室(応用コース) 〜11月〜

今日のメニューです。

・蓮根のうなぎもどき
・かぼちゃと蕪の蕎麦の実あんかけ
・蕎麦粉汁
・蕎麦団子
・柿の紅茶煮と野菜の味噌漬け

長野の晩秋といえば、なんといっても「新蕎麦」。

今回は、蕎麦を使ったお料理や秋の味覚が満載でした~。

Dsc_0186

Dsc_0188

Dsc_0185_2

Dsc_0193

Dsc_0184

Dsc_0195

 

うなぎもどきは、蓮根と山芋で作るのですが、食感といい、味といい、うなぎみたいでした。但し、かなり手が込んでいるので特別な時しかできないかも~。

蕎麦のお料理もいい香りがほのかにして、本当に美味!

ウェルネスダイニング

2012年11月11日 (日)

フィスラーの圧力鍋Get

滋賀県に行く機会があり、帰りに滋賀竜王のアウトレットモールで、フィスラーの圧力鍋を買いました。

Dsc_0137
Dsc_0139

ビタクイック 圧力鍋 4.5L(4.8クォート)

という商品です。

フィスラーのホームページでは、定価27,900円で販売されているようですが、

竜王では、少し傷がついたということでアウトレットになっており、蒸し器も付いて17,325円。お買い得〜。

傷は「あ~そうかなあ、そういわれてみれば」という程度。

フィスラーって高いけど、納得しましたよ。

以前使っていた他の圧力鍋よりも全然使いやすいんです。

デザインもシンプルで全然飽きない。圧力もすごいきいてる感じっ。

早速、パスタゆでるのと玄米を炊くのに使ってみました。

玄米もパスタももっちもちの仕上がりに!

いい買い物したなあ。

2012年11月 4日 (日)

安曇野スタイル2012&七色かえで

安曇野には、美術館、アトリエ、工房、ギャラリー、クラフトショップなど、モノ作りの方や芸術家、文化活動に関わる方々がたくさんいらっしゃいます。

年に一度、そんな方々の作品にたくさん触れることができるイベントがあります。

それは、「安曇野スタイル」。

今年は、11月1日〜4日までの開催期間でした。

10月ごろになると、「安曇野スタイル」というガイドマップがあちこちに置いてあるので、それをGetすると効率よく回る事ができます。

As2012

今回もたくさんのお店が参加されていました。

今日は、安曇野スタイルの参加店をまわるにあたり、まず天然酵母&石窯で焼いたパンを売る店、「bunga」さんにいくことに。
(いきなり食べ物( ̄ー ̄))

Bunga1

このパン屋さん、私のお友達とそのだんなさまのお店です。

お店に行くと、だんなさまのみ忙しくパンを焼いていらっしゃいました。

「彼女は今、”七色かえで”でパンを売っていますよ〜。」とのこと。じゃあいってみま〜す!と、パンを購入して、現地に向かいました。

(ちなみに、ここの天然酵母パン、酵母も自家製です。かむごとに味わいがあって、とってもうんまいっ。)
Dsc_0001

教えてもらったとおりに行くと、坂道に入っていきました。

「あと5.7km」

そうか、あとそんなもんか。そのまま進むと、坂道はどこまでも続きます。

「あと3km」


あれ?

私、今車でかなり高い山登ってない??七色かえではいずこに???

どうやら大峰高原という場所にそれはあるようです。

それにしても、こんな狭いカーブのぐねぐね山道でやたらと車通りが多いのが気になります。

不思議に思いながら急に視界が開けたとおもったら、ものすごい高い所にいました。ここ、山頂や〜ん!

途中から、お友達に会いにきたのか、七色かえでを見に来たのか、目的が何だったのかさっぱりわからなくなりつつも、なんとか駐車場につきました。


うわ、すんごい人!!駐車場ならんでるっ。なんで??

どうなってんの?お友達とかえではどこ??

その瞬間、ど〜〜〜ん!とみえました。



七色のお〜〜〜〜きいかえでの木。

Dsc_0006

駐車場に車をとめたすぐ横に、いくつか出店が。
そこに、「bunga」を発見。

お友達と無事あうことができました。イキイキした顔で働いている彼女がそこにいました。

話しているうちに人が並び始めたので、お話しもそこそこに切り上げ、七色かえでの場所へ。

Dsc_0009

Dsc_0015

Dsc_0018

ほんとに見事。圧巻。

なにやら、このあいだテレビ朝日のニュースステーションで、この木が生中継されたらしいのです。

それでこんなに人気がでたというわけね。テレビの影響ってすごいのね。

安曇野スタイルの参加店をいくつか回るのが目的だったこともすっかり忘れ、しばらくその場所でじ〜っと木に魅せられていました。偶然とはいえ、思いがけないすばらしい自然に出会え、友達に感謝!

気が付くと11時半をまわっています。他のお店が何もみれなくなってしまいそうなので、駐車場をでました。

穂高へ向かって山を下りきる手前で、「Cafe 風のいろ」というお店を発見。

むむむ?このお店は、こないだマクロビオティックの先生が、このお店で期間限定のマクロスウィーツを売っていると言ってた店じゃ?お腹もすいたし、このお店も安曇野スタイル参加店。ここでランチたべよう!

そのまま吸い込まれるように店内へ。
(はい、2件目も食べ物ですがなにか?)

Dsc_0029_2

中に入った瞬間に、コーヒーのいい香りと大きな窓から雄大な北アルプスと青いお空がどど〜んと目に、鼻に入ってきます。

Dsc_0022

こういうお店に出会えると、安曇野に住んでほんとによかったなあ〜〜、と。

お店の方は、とても感じが良く、私がじっと山をみていると、山の名前が書いている写真を持ってきてくれるという気配り。感動します。

パスタランチをオーダー。サラダ、パン、パスタ、アイスクリーム、ドリンク付きで1,200円です。

Dsc_0024

Dsc_0025

Dsc_0027

パンは、白神こだま酵母を使った手作りパンだそうです。もっちもちでした。

パスタもトマトソースに使っているトマトが新鮮なんだろうな、とわかる味。アイスクリームも、美味しいコーヒーとよく合います。

今日は、こだまみえこさんの植物画展をやっていました。どれも繊細で、緻密に描かれたすばらしい絵です。

お店を出た後は、穂高近辺で器やガラス細工、クラフトアートなどをみてまわりました。


今日一日、すばらしいモノや自然、人に出会ってとてもエネルギーあふれるパワーをもらったぞ。

感謝の一言につきます。

ありがとう!!


関連ランキング:パン | 安曇追分駅有明駅




関連ランキング:カフェ | 信濃松川駅安曇沓掛駅北細野駅

2012年10月29日 (月)

マクロビオティック料理教室(応用コース) 〜10月〜

今日は、スウィーツ特集です。マクロのスィーツでは、お砂糖も、牛乳、卵、バターは使いません。

そんなんでお菓子できるの?と思いますよね?私も思いました。

メニューはこちら↓。
- リンゴのタルト
- 洋梨のクランチ
- かぼちゃの焼きプリン
- リンゴゼリー

タイトルみただけで、パブロフの犬状態になります。

まず、タルトは、生地から作ります。Dryの材料とWetの材料を別々に混ぜ、あとでDryにWetを少しずつ加えていくのがコツのようです。

Dsc_1688

生地をのばして型にいれたら、フォークでぷちぷちっと穴をあけるのもコツですね。これをすると、重しをしなくても焼いた時生地が割れないそうです。

Dsc_1695


フィリングをつめて。。。

Dsc_1698

煮りんごをのせてやきます。

リンゴのタルト、できあがりはこれ。↓
Dsc_1715

いやっほいっ! 生地もばっちりです。卵やバターなくても作れるのねっ。

そして、かぼちゃの焼きプリンですが、これはフープロでまぜて焼くだけというシンプルなもの。
完成はこれです。↓
Dsc_1714

カラメルは、メープルシロップを使用しています。

そして、リンゴのゼリー。リンゴのかわりに他の果物でもできます。
(写真を撮る前に食べちゃった。ごめんなさい。)

最後は洋梨のクランチ。このスウィーツはできたてが一番美味しいとおもいます。

Dsc_1718

上には、全粒粉やクルミなどを混ぜてつくったクランチのトッピング、下には洋梨とレーズンがた〜っぷり入った、ジューシーで熱々のコンポート。
Dsc_1720

どれも素材の甘みを最大限に生かしていて、ほんとうにうんま〜!でした。

先生は、マクロを始める前、お菓子作りが大好きで、お菓子の先生になっても良い位の腕前です。

スウィーツの味を極めた先生が作ったマクロのお菓子。乳製品、砂糖をつかったお菓子にぜんぜんひけをとってません。むしろ、マクロのお菓子の方が断然おいしいかも。

よく、東京で売っているマクロのスウィーツをみては、”たかっ”と思って素通りしていた私ですが、作ってみてあの値段は納得いく値段だとわかりました。
良質な材料で、旬の食材を使い、手抜きのない工程でお菓子を作る。

食べてみて、その美味しさにも改めて驚くばかり。 特別なイベントの日に、真心こめてスィーツを作る。そんな贅沢もいいものですね。 マクロに興味ない人も、是非味わっていただきたいなあと思います。

«ゆるキャラに強者が登場

Sponsored by