カテゴリー「自然・風景」の記事

2013年3月16日 (土)

ヤギづくし

突然相方が、「ヤギさんがみたい」と言い出した。


相方は、最近ヤギに触れる機会があり、それ以来いつかペットとして飼いたいと宣言するほどのヤギ好きになってしまいました。

じゃ〜今日は天気もいいし、ヤギみれるとこ行こう!ということで、ネットで探してみることに。


知りませんでした。こんなに近くにあったとは。

まず、松本市アルプス公園。ここに行けばヤギさんどころか、その他お猿さんやいろんな動物と触れ合えると書いているではありませんか。

もう一つは、スイス村。スイス村は車でたった五分。ここにヤギさんやお馬さんがいたとは。


安曇野に住んでほぼ3年になろうというのに、アルプス公園の存在も、スイス村に動物がいることも知りませんでした。

まずはアルプス公園へ。その前に腹ごしらえだ!もう10時過ぎているので私はお腹が空いている。




まず食わせてくれ!



ということで、お弁当を何処かで買うことになり、かつ玄さんでお弁当を購入。


今日はお天気がとってもよかったので、北アルプスの山々を見ながらの最高のランチになりました。

Dsc_0489


Dsc_0487

しかもこのお弁当美味!写真ではひとつしかカツがありませんが、もうひとつすでに食べちゃいました。これはトッピング弁当といい、ごはんと漬物は150円のセット。プラス好きなカツを選べて、それによって値段が追加されるというお弁当。これで400円くらい。かつ玄さんのカツをいただけることを考えると、非常にこれはリーズナブル。




感動もつかの間、ものすごい勢いで食べたので、ステキなランチもすぐに終わり。相方がずっとヤギさんといっているので、動物のいるところへ移動。



いましたヤギ達。


ものすごいやる気無さそうなヤギ達が。 Dsc_0505

それでも相方は、全く相手にされていないにもかかわらず、子どもたちに混じって、ひたすら笑顔でちょっかいを出してました。



子どもたちにまじる無邪気な


おっさん。



この絵面は被写体に収められません。


アルプス公園をひと通り歩いたあと、スイス村にもよってみました。


いました。ヤギさん。

でもあまりよってきません。ふと近くに、えさを売っているテーブルがみえました。あれ?これで餌あげられるの?

餌(草を固めたもの)を購入してみると、その姿を遠目からヤギ達はみており、全速力で私達の元に走ってきて、柵の中から2本立ちになってるっ。


Dsc_0506


すごいな。ちょっと怖いわ。

そんな私の思いも全くしらず、相方は走って駆け寄り、テンションマックスに。

えさはすぐに食べられてしまいました。


Dsc_0507

ヤギって食欲ハンパないな。

と餌も終わったら次は馬が見えたのでそちらへ移動。

ここでは馬にのって一緒に走ることもできるようです。


ここにも馬用の餌が売っています。さっきのヤギ用と非常によく似ていますが、馬用の方が明らかに硬い。

これも購入し、馬の餌やりも体験。餌を買った途端、馬さんたちは「こっちにくれ」といわんばかりにそれぞれの片足をゴンゴンならしていました。


餌やりをして、1つだけひとかたまりのかったい餌が残った時、相方が「これ、ヤギさんにあげよかな」


どこまでヤギ好きなんだよっと心の中でつぶやきつつも、またヤギさんのところに戻り、その塊をヤギさんにあげました。


するとどうでしょう、ヤギさんはその餌がよっぽど硬かったのか、ものすごい顔をいがめて噛んでいました。


これ、ヤギにあげたらあかんのとちゃう??


時すでに遅し。ヤギさんはがんばっていました。噛んで噛んで、噛んでいました。私達が帰るまでそのやぎさんは口をいがめてずっと噛んでいました。

Dsc_0514

Dsc_0537

Dsc_0538


ごめんねヤギさん!今度はちゃんとヤギさんの餌を買うからね。


・松本市アルプス公園について詳細はこちら

・スイス村について詳細はこちら (ホースランドにヤギも馬もいます)

・かつ玄さんのお弁当販売用店舗はこちらの地図をどうぞ

2013年2月24日 (日)

スノーシューイング? in 美ヶ原

久々のスノーシューイングをしに、美ヶ原へ。



お天気は良いといわれていましたが、上に上がると・・・・・


Dsc_0439

吹雪。



猛烈な風が吹いてきて、 どこを歩いてるのかもわからなくなり、私達の歩いた足あとがみるみるうちに消えていくような状態に。

怖くなり、歩いて30分で引き返しましたとさ。

チャンチャン!

2013年1月14日 (月)

ドカ雪

安曇野に引っ越して以来の大雪が降りました!

あっという間に降るわ降るわ。 すごいすごい!一晩でこんな降ったのみたの初めてかも!!いつのまにこんなに積もってたの??
とはいえ、外にでれないではないか!少しの恐怖を覚えつつも、こんな光景をめったにみたことのない私と相方は、車を出す道を作るため、外に出たものの意味もなく小躍り。そして、うれしくなって雪だるまを作ってみたのですが・・・



Dsc_0378



どう?




想像したスノーマンのような雪だるまじゃないけれど、どう修復していいかもわからない。

Dsc_0379




どちらかというと、仏像?






2,3日後、すぐに雪も溶けてきたのでさらにいじってみたりして。

Dsc_0396

彫りの深いモアイ像です。

2012年11月 4日 (日)

安曇野スタイル2012&七色かえで

安曇野には、美術館、アトリエ、工房、ギャラリー、クラフトショップなど、モノ作りの方や芸術家、文化活動に関わる方々がたくさんいらっしゃいます。

年に一度、そんな方々の作品にたくさん触れることができるイベントがあります。

それは、「安曇野スタイル」。

今年は、11月1日〜4日までの開催期間でした。

10月ごろになると、「安曇野スタイル」というガイドマップがあちこちに置いてあるので、それをGetすると効率よく回る事ができます。

As2012

今回もたくさんのお店が参加されていました。

今日は、安曇野スタイルの参加店をまわるにあたり、まず天然酵母&石窯で焼いたパンを売る店、「bunga」さんにいくことに。
(いきなり食べ物( ̄ー ̄))

Bunga1

このパン屋さん、私のお友達とそのだんなさまのお店です。

お店に行くと、だんなさまのみ忙しくパンを焼いていらっしゃいました。

「彼女は今、”七色かえで”でパンを売っていますよ〜。」とのこと。じゃあいってみま〜す!と、パンを購入して、現地に向かいました。

(ちなみに、ここの天然酵母パン、酵母も自家製です。かむごとに味わいがあって、とってもうんまいっ。)
Dsc_0001

教えてもらったとおりに行くと、坂道に入っていきました。

「あと5.7km」

そうか、あとそんなもんか。そのまま進むと、坂道はどこまでも続きます。

「あと3km」


あれ?

私、今車でかなり高い山登ってない??七色かえではいずこに???

どうやら大峰高原という場所にそれはあるようです。

それにしても、こんな狭いカーブのぐねぐね山道でやたらと車通りが多いのが気になります。

不思議に思いながら急に視界が開けたとおもったら、ものすごい高い所にいました。ここ、山頂や〜ん!

途中から、お友達に会いにきたのか、七色かえでを見に来たのか、目的が何だったのかさっぱりわからなくなりつつも、なんとか駐車場につきました。


うわ、すんごい人!!駐車場ならんでるっ。なんで??

どうなってんの?お友達とかえではどこ??

その瞬間、ど〜〜〜ん!とみえました。



七色のお〜〜〜〜きいかえでの木。

Dsc_0006

駐車場に車をとめたすぐ横に、いくつか出店が。
そこに、「bunga」を発見。

お友達と無事あうことができました。イキイキした顔で働いている彼女がそこにいました。

話しているうちに人が並び始めたので、お話しもそこそこに切り上げ、七色かえでの場所へ。

Dsc_0009

Dsc_0015

Dsc_0018

ほんとに見事。圧巻。

なにやら、このあいだテレビ朝日のニュースステーションで、この木が生中継されたらしいのです。

それでこんなに人気がでたというわけね。テレビの影響ってすごいのね。

安曇野スタイルの参加店をいくつか回るのが目的だったこともすっかり忘れ、しばらくその場所でじ〜っと木に魅せられていました。偶然とはいえ、思いがけないすばらしい自然に出会え、友達に感謝!

気が付くと11時半をまわっています。他のお店が何もみれなくなってしまいそうなので、駐車場をでました。

穂高へ向かって山を下りきる手前で、「Cafe 風のいろ」というお店を発見。

むむむ?このお店は、こないだマクロビオティックの先生が、このお店で期間限定のマクロスウィーツを売っていると言ってた店じゃ?お腹もすいたし、このお店も安曇野スタイル参加店。ここでランチたべよう!

そのまま吸い込まれるように店内へ。
(はい、2件目も食べ物ですがなにか?)

Dsc_0029_2

中に入った瞬間に、コーヒーのいい香りと大きな窓から雄大な北アルプスと青いお空がどど〜んと目に、鼻に入ってきます。

Dsc_0022

こういうお店に出会えると、安曇野に住んでほんとによかったなあ〜〜、と。

お店の方は、とても感じが良く、私がじっと山をみていると、山の名前が書いている写真を持ってきてくれるという気配り。感動します。

パスタランチをオーダー。サラダ、パン、パスタ、アイスクリーム、ドリンク付きで1,200円です。

Dsc_0024

Dsc_0025

Dsc_0027

パンは、白神こだま酵母を使った手作りパンだそうです。もっちもちでした。

パスタもトマトソースに使っているトマトが新鮮なんだろうな、とわかる味。アイスクリームも、美味しいコーヒーとよく合います。

今日は、こだまみえこさんの植物画展をやっていました。どれも繊細で、緻密に描かれたすばらしい絵です。

お店を出た後は、穂高近辺で器やガラス細工、クラフトアートなどをみてまわりました。


今日一日、すばらしいモノや自然、人に出会ってとてもエネルギーあふれるパワーをもらったぞ。

感謝の一言につきます。

ありがとう!!


関連ランキング:パン | 安曇追分駅有明駅




関連ランキング:カフェ | 信濃松川駅安曇沓掛駅北細野駅

2012年10月16日 (火)

At dusk, at home. ~part2~

またまた家からとった風景です。

Dsc_1684_2

こういう色、地味だけどものすごく好きなんですよねえ。







2012年10月13日 (土)

白駒池


白駒池になんちゃってトレッキングにいってきました。




ちょうど葉が色づき、鮮やかな紅葉をみせてくれました。

Dsc_1657

Dsc_1665

Dsc_1666

この池、湖なんですって。池と湖の違いもあまりよくわかってないですが。

この日は途中から無風になり、湖面が鏡の役割をして紅葉をきれいに映し出していました。


この時期は、紅葉に目が奪われがちですが、この辺りは「コケの森」としても名高く、見事な色の苔を見ることができます。

Dsc_1670

2012年10月 4日 (木)

なんちゃってのりくらいみんぐ

紅葉を見に乗鞍へ。

朝8時頃に平湯のあかんだな駐車場に到着。車をおき、畳平までシャトルバスで移動。

畳平に到着すると、そこはすでに標高2000メートル以上。

Dsc_1608

雲海が一望できます。もう登山しなくてここで十分なんじゃないか?

いかん、怠け癖がすぐ。。。

ここから1時間少し歩くと、乗鞍岳の主峰である剣が峰(3026m)まで行けてしまいます。

今日はお天気も最高!

Dsc_1616_2

Dsc_1626_3

途中紅葉がみえました。今、まさに見頃だそうです。↓
Dsc_1627_2

だんだん歩いていくとちょっとしたガレ場。ここからは少し慎重に歩きます。
Dsc_1634_2

よし、もう少し。

Dsc_1637_2


比較的すんなりと山頂にきました。↓

Dsc_1647_3

登山ほどきつくなく、トレッキングより登山ぽい、初心者の方にも大丈夫な道のりでした。

ただ、標高が高いので、呼吸は深くすることと、帰りは雨が降るなどで、天候が不安定になりやすいのでレインウェアは必須ですよ〜。

2012年9月29日 (土)

高ボッチAgain!

最近、車につけるタープを購入したので早速使ってみようと、お気に入りの場所「高ボッチ高原」へ。


Dsc_1561


今日は天気もよく、諏訪湖も富士山もきれいにみれた。

そして、いつものごとく凧あげ。


Dsc_1576



よく遊んだ後は、ランチといきましょう。
今日はもってきたターブを使ってみました。


Dsc_1586

こんな感じに。↑なかなか良いね。


秋晴れの良き日でした。(富士山を探せ!↓)

Dsc_1596

2012年9月 4日 (火)

At dusk, at home.

家から撮影した夕焼けです。秋ですなあ。

Dsc_1527_2

2012年1月 6日 (金)

犀川白鳥湖:白鳥の飛来時期

豊科ICをおりるとすぐに、白鳥の像もある「スワンガーデン」というショッピングセンターがあったり、夜には山にあひるにしかみえない白鳥のイルミネーションが輝いていたりと、何かと白鳥的なものを目にします。
白鳥の飛来地があるという話を聞いていたものの、いままでいったことがなかったので、晴天の今日思いつきでいってみました。

いってみるとなかなか感動的です。

白鳥だけではなく、いろんなカモや鵜もいて、川が鳥で混雑。(写真では少ししか写ってませんが、川全体に結構います。)

白鳥に関する詳細はこちら


Dsc_0680_154537253

いろんな国から飛んできたのかな〜と思うと感慨深いものが。

じーっとみていると、真上からブンっブンっと聞こえてくるのでみたら、白鳥のグループの飛行路になっているようで、何匹も真上をかすめていきました。1グループさったら、まだきた!


Dsc_0676_154536682


鳥に生まれるとしたら、白鳥がいいなあ。こんなに優雅にとんで、まわりからも人気を集められるんだもんなあ。

より以前の記事一覧

Sponsored by