カテゴリー「グルメ:カフェ系」の記事

2012年11月 4日 (日)

安曇野スタイル2012&七色かえで

安曇野には、美術館、アトリエ、工房、ギャラリー、クラフトショップなど、モノ作りの方や芸術家、文化活動に関わる方々がたくさんいらっしゃいます。

年に一度、そんな方々の作品にたくさん触れることができるイベントがあります。

それは、「安曇野スタイル」。

今年は、11月1日〜4日までの開催期間でした。

10月ごろになると、「安曇野スタイル」というガイドマップがあちこちに置いてあるので、それをGetすると効率よく回る事ができます。

As2012

今回もたくさんのお店が参加されていました。

今日は、安曇野スタイルの参加店をまわるにあたり、まず天然酵母&石窯で焼いたパンを売る店、「bunga」さんにいくことに。
(いきなり食べ物( ̄ー ̄))

Bunga1

このパン屋さん、私のお友達とそのだんなさまのお店です。

お店に行くと、だんなさまのみ忙しくパンを焼いていらっしゃいました。

「彼女は今、”七色かえで”でパンを売っていますよ〜。」とのこと。じゃあいってみま〜す!と、パンを購入して、現地に向かいました。

(ちなみに、ここの天然酵母パン、酵母も自家製です。かむごとに味わいがあって、とってもうんまいっ。)
Dsc_0001

教えてもらったとおりに行くと、坂道に入っていきました。

「あと5.7km」

そうか、あとそんなもんか。そのまま進むと、坂道はどこまでも続きます。

「あと3km」


あれ?

私、今車でかなり高い山登ってない??七色かえではいずこに???

どうやら大峰高原という場所にそれはあるようです。

それにしても、こんな狭いカーブのぐねぐね山道でやたらと車通りが多いのが気になります。

不思議に思いながら急に視界が開けたとおもったら、ものすごい高い所にいました。ここ、山頂や〜ん!

途中から、お友達に会いにきたのか、七色かえでを見に来たのか、目的が何だったのかさっぱりわからなくなりつつも、なんとか駐車場につきました。


うわ、すんごい人!!駐車場ならんでるっ。なんで??

どうなってんの?お友達とかえではどこ??

その瞬間、ど〜〜〜ん!とみえました。



七色のお〜〜〜〜きいかえでの木。

Dsc_0006

駐車場に車をとめたすぐ横に、いくつか出店が。
そこに、「bunga」を発見。

お友達と無事あうことができました。イキイキした顔で働いている彼女がそこにいました。

話しているうちに人が並び始めたので、お話しもそこそこに切り上げ、七色かえでの場所へ。

Dsc_0009

Dsc_0015

Dsc_0018

ほんとに見事。圧巻。

なにやら、このあいだテレビ朝日のニュースステーションで、この木が生中継されたらしいのです。

それでこんなに人気がでたというわけね。テレビの影響ってすごいのね。

安曇野スタイルの参加店をいくつか回るのが目的だったこともすっかり忘れ、しばらくその場所でじ〜っと木に魅せられていました。偶然とはいえ、思いがけないすばらしい自然に出会え、友達に感謝!

気が付くと11時半をまわっています。他のお店が何もみれなくなってしまいそうなので、駐車場をでました。

穂高へ向かって山を下りきる手前で、「Cafe 風のいろ」というお店を発見。

むむむ?このお店は、こないだマクロビオティックの先生が、このお店で期間限定のマクロスウィーツを売っていると言ってた店じゃ?お腹もすいたし、このお店も安曇野スタイル参加店。ここでランチたべよう!

そのまま吸い込まれるように店内へ。
(はい、2件目も食べ物ですがなにか?)

Dsc_0029_2

中に入った瞬間に、コーヒーのいい香りと大きな窓から雄大な北アルプスと青いお空がどど〜んと目に、鼻に入ってきます。

Dsc_0022

こういうお店に出会えると、安曇野に住んでほんとによかったなあ〜〜、と。

お店の方は、とても感じが良く、私がじっと山をみていると、山の名前が書いている写真を持ってきてくれるという気配り。感動します。

パスタランチをオーダー。サラダ、パン、パスタ、アイスクリーム、ドリンク付きで1,200円です。

Dsc_0024

Dsc_0025

Dsc_0027

パンは、白神こだま酵母を使った手作りパンだそうです。もっちもちでした。

パスタもトマトソースに使っているトマトが新鮮なんだろうな、とわかる味。アイスクリームも、美味しいコーヒーとよく合います。

今日は、こだまみえこさんの植物画展をやっていました。どれも繊細で、緻密に描かれたすばらしい絵です。

お店を出た後は、穂高近辺で器やガラス細工、クラフトアートなどをみてまわりました。


今日一日、すばらしいモノや自然、人に出会ってとてもエネルギーあふれるパワーをもらったぞ。

感謝の一言につきます。

ありがとう!!


関連ランキング:パン | 安曇追分駅有明駅




関連ランキング:カフェ | 信濃松川駅安曇沓掛駅北細野駅

2012年10月14日 (日)

Cafe: たび茶

以前から、隠れ家的なカフェとして気になっていたカフェ、「たび茶」。ようやく訪れました。

初夏から秋までの日曜日のみ(たまに土曜日)しか開いてない。

少し細い道を通って、ひっそりとした山奥に入ったところにぽつんとあります。
Dsc_1672

店内に入ると、こじんまりとした静かな雰囲気。

おおきな窓の外にたくさんの木立と、木の上で遊ぶ野鳥達が間近に見えます。

Dsc_1681

こんなに間近に野鳥が思う存分みれるなんて!
日本野鳥の会の人達を連れてきたい位です。

よーくみたら、先ほどの写真に猫が写っています。
探してみてください。(写真クリックすると拡大できます)

哀愁漂う背中です。ほっこりさせてくれました。

ここでは、ベトナムコーヒーをいただけます。さんざん迷ったあげく、今回はブレンドコーヒーと木の実のタルトを注文。

Dsc_1679

う〜ん。落ち着く。 店内には、BGMもありません。一人で本を読むのにぴったりな場所です。

せめて、金、土もあけてくれないかなあ。

Dsc_1682

関連ランキング:カフェ | 細野駅安曇追分駅北細野駅

2012年1月14日 (土)

Cafe: matka(カフェ マトカ)

相方は、今朝から雪の登山へ。
私は午前中松本で用事を済ませたあと、ぶらっと「Cafe Matka」へドライブ。

ここは知人に教えてもらったものの、いつも行こう!と思った日が定休日(火曜日)で、いつ行けるだろうと思っていた場所です。

場所は松本と北松本の間くらいにあります。

駐車場は2台分くらいスペースがあります。

入ると、まず靴を脱ぎスリッパに履き替えます。

内装は、アンティークな家具がおいてあり、シンプルかつあたたかみがあります。
Cozyという言葉がぴったり。

Dsc_0722_154542268

入ったのが朝の10時半すぎだったので、まだモーニングメニューが間に合うぞ!

ということで、朝のモーニングプレートとコーヒーをオーダー。
(トースト、サラダ、卵、ソーセージがついています。マクロ食ではない)

まだお客は私だけだったこともあり、とても静かで、Norah Jonesの音楽がふんわり流れていてほんとに癒される〜。

トーストをかじった途端おどろきました。

すごい弾力っ。これは天然酵母の食パンだ。
でもかたすぎない。かめばかむほど味がでる。うまい!

お会計の時に聞いたら、天然酵母のパンは自家製とのことでした。
味も大満足。また行きたいなあ。

Dsc_0723_154542492

関連ランキング:カフェ | 北松本駅松本駅西松本駅

 

2011年12月11日 (日)

Cafe:美麻珈琲

大町にある、噂の珈琲店、「美麻珈琲」。

Dsc_0861

珈琲がおいしいと聞いていたとおり、確かにとても香り高くておいしい〜〜。

Dsc_0863

もっと驚いたのは、外装。

グリム童話にでてきそうな外観の建物。

Dsc_0860

Dsc_0855

この建物、実は藁でできていると聞いてびっくり。
ストローベイルという建築だそうです。

お家を建ててみたい!という素人の方々が集まって、ボランティアで建てたそうです。
いろんな人いるんやなああ〜〜〜〜って改めて思います。

オーナーは、兵庫県の三田でパティシエをされている方です。
非常に色々おもしろいことをされているオーナーさんですので、興味の有る方は是非足を運んでみてください。

この日はフィナンシェをサービスでいただき、帰り際に芳香剤として使う珈琲の粉をいただきました。
帰りの車の中は、香ばしい珈琲の香りがふわ〜っとしてきて、とても癒された気分でした。

関連ランキング:カフェ | 海ノ口駅稲尾駅信濃木崎駅

2011年8月21日 (日)

Cafe:ティールームあがたの森

Img_0661

↑この場所、NHK朝の連ドラ「おひさま」を観ている方は、なんとなく分かっていただけるのではないかと。

ここは、春樹兄さんが通っていた学校のロケ地になります。
松本のあがたの森という公園に隣接していて、今は図書館や文化会館があります。あがたの森にいくと、その一帯がまるで明治時代に戻ったような雰囲気を感じることができます。

その中に、「ティールームあがたの森」という喫茶店があったので入ってみました。

Img_0663

店の中は、ノスタルジックな雰囲気です。明治のような、昭和のような、平成のような。(意味不明)
なんかおちつく〜。

コーヒーもなかなかおいしい。(はい、また飲んでしまいましたー。)
松本は、結構人がいっぱいで混んでいることも多いのですが、ここはゆっくり本でも読めそうだ〜。

いいとこみつけたぜ。

関連ランキング:喫茶店 | 松本駅西松本駅北松本駅

2011年8月20日 (土)

Gallery&Cafe:GALLERY 牧ヶ原

マクロビオティックを学び始めた矢先、カフェインの摂取は邪道だとは分かっているのだが、
コーヒーをなかなかやめることは難しいよおお。

ついお気に入りの場所へ行ってしまいました。

今日は「GALLERY 牧ヶ原」をご紹介します。

「GALLERY 牧ヶ原」は、名のとおりギャラリーです。
入館料は800円で、創作家具やステンドグラスなど、複数のアーティストによる作品が展示されています。
また、コーヒーもついているんですが、このコーヒーを飲む場所が最高。

オーナーが趣味で作った牧場のような庭園が見渡せるのです。(写真をクリックすると拡大しますよー。)

Img_0656

この場所は、どちらかというと晴れている日よりも、雨の日が素敵なのです。
イギリスの放牧場的な雰囲気があります。(羊はいません)

また、とても暖かみのあるテーブルやいすなどの創作家具が置いてます。
邪魔にならない音量ととてもいい音響で音楽が聞こえてきて、そこに座っているだけでとても幸せな気分になるのです。

追加でシフォンケーキ(+350円だったかな?)をいただくこともできるのですが、このシフォンケーキがほんとにおいしいいいい。

Img_0655

ふわっふわでほんのり甘い。
卵は、ここのオーナーさんが育てている鶏のたまごを使って焼いているそうです。

オーナーさんのセンスの良さを感じる場所です。

安曇野には、こういうお店がいくつかあるのがいいですなー。

このギャラリー、ほんとにいついっても人がいない。
こんなに素敵な場所なのに、わかりずらいというか、
伝わりにくいんですよね。外からだと。
ここまで、営利を追求しない店もないのではないでしょうか。

でも、あんまり人来てほしくない気もする。

宣伝しちゃったけど。

都会のコンクリートジャングルで、心身ともに疲れた人におすすめしたい場所です。
癒されますよ〜。

関連ランキング:カフェ | 穂高駅有明駅

2011年7月 9日 (土)

かりんとう・甘味処:花林桃源郷 蔵久

家から車で約10分のところに、この辺りでは有名な久星食品という会社のかりんとう屋さんがあります。

このかりんとう屋さん、和と洋のカフェを併設したお店を持っていらっしゃいます。

名前は、「花林桃源郷 蔵久」。

今回は、和の座敷へ行きました。

酒蔵の旧家が再利用されています。何度きても癒されますね。

Img_0565

お昼頃は、そばもメニューにあるそうですが、いつも売り切れで
まだ食べた事がありません。

今回は、黒糖プリンをいただきました。
Img_0561_2

黒糖風味のカラメルの下に、甘さ控えめの豆乳で作られたっぽいプリンが。
大人のプリンですねー。おいしいです。

相方は、夏限定のぜんさいを。

Img_0562

これまたあずきの味が素朴でおいしい〜〜。
しかもひんやりしてるから食べやすい。

このお店では、かりんとうももちろん販売していて、
揚げたてのかりんとうも試食できます。

店名:蔵久
Phone:0263-73-0170
住所:長野県安曇野市豊科高家604
営業時間:和座敷 10:00~17:00
karinto Sweets 蔵 「ショコラ蔵」の営業時間 11:00~16:00
ランチ営業、日曜営業
定休日:無休(4月~10月)、水曜日休み(11月~3月)
食べログURL:
http://r.tabelog.com/japan/A2005/A200501/20002270/dtlrvwlst/2938410/8412693/

 

2010年8月 9日 (月)

Cafe:ティータイム ガルニ

最近、このカフェがお気に入りです。

「ティータイム ガルニ」。

Galni1_3

安曇野にきてよかったかも、と実感したカフェであります。
ここのカフェ、森とカフェとの調和が、飾らない感じで自然に融合してるところがいいです。

Galni5

このカフェ、ケーキもコーヒーも美味しいのですが、
ランチプレートもめちゃうまいです。 濃い野菜がいっぱい添えられているオムレツがいけます。

Galni3

安曇野に来て、どこかでまったりしたいときに、おすすめのお店ですよ。

Galni5_1

ティータイム ガルニ
長野県安曇野市穂高有明7366-17
0263-83-7604
営業時間:9:00~18:00(朝食営業、ランチ営業、日曜営業)
定休日:火曜・第2・4月曜 

食べログのURL

 

Sponsored by